事故現状車をお持ちのオーナー様で、事故車の買取はもう無理だと諦めてらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

しかし、基本的にダメージカーとなってしまった場合でも中古車買取の市場においては、箸にも棒にもまったくかからないと思うのは、早計というものです。

例えば動力系などの損傷であっても、修理次第で事故車でも再び動くようになることがあります。外装に損傷があっても再度現状復帰させることも可能なことが多いのです。

事故車でも“修復歴あり”の中古車として修繕復活させ、再販売することも出来るので、まだ十分に価値があると言えます。

もちろん日本国内のマーケットだけに絞ってしまわずに、海外への輸出も視野に入れれば、リユースカーとして再販売することも可能です。もし国産車をお持ちでしたら、メイドイン・ジャパンのコストパフォーマンスは海外ではお墨付きです。

いよいよ修復不可能で、車輛そのものの買取り査定ができなくなっても、パーツ単位での販売という手があります。

一例ですが、ランサーエボリューションやスカイラインGT−Rなど、人気スポーツカーや特定の車種においては、エンジンだけでも価値があり、高額で買取ってもらえる場合もあります。

もちろん事故車であっても取り外すことで、メーカー純正部品のパーツ取り車としてバラ売りすることもできます。

あなたの事故車にまだ価値があるかは、ご自身で判断することはほぼ不可能ですので、やはり事故車の買取専門業者に査定を行ってもらうのが適切です。

通常の車買取と比較すると、事故車の買取専門業者は少ないのが現実です。しかし無料一括査定サービスには様々な種類の事故車買取専門業者が加盟しているので、事故車を一番高く買取ってくれる業者がすぐに見つかります。