過走行車とは通常、走行距離が10万キロを超過した車のことを指します。

大切に愛着をもって乗ってきた車であっても、過走行車の買取は国内ではとても難しいのが現状です。

実際、走行距離が8〜9万キロ台で車検が残っている場合でも、納得のいく額で買取られることはなかなか無いようです。

これが需要のあるスポーツタイプの車であったり、フェラーリなどの高級車やプレミア・カーであれば、買取相場もある程度安定しています。

しかし、やはり10万キロを超えると中古車を専門に取り扱う業者でも、買取査定すらしてもらえないことが多いようです。

ところが過走行の国産車であっても、海外においては日本車のクオリティーはよく認知されていることをご存知でしょうか。

ですから外傷があっても年式が古くても、車検が残っていなくても、海外輸出では日本車人気のおかげで買取価格がつく車種が結構あるんです。

ですから、過走行車だからといって処分費用を払ってまで廃車にしてしまうのはもったいないのです。億劫がらずに輸出業者などを回ってみると、意外とすんなり値段のつく場合もあります。

それでもなかなかお住まいの地域に中古車の輸出業者が見つからないこともあるかと思います。

そのようなときはネットの無料一括査定サービスを利用すれば、中古車の輸出業者から色よい買取査定の返事がくる場合もあります。