まず下取りですが、これはあなたが新たに新車や中古車を購入する際に、現在乗っている中古車を買ってもらうことなんです。この場合は、中古車の販売先がそのまま購入先ということになります。

この中古車下取りをしてもらうことで、新たに購入する車両価格と相殺してもらえるので定価よりも安く新車や中古車を買うことができるわけですね。

例えばあなたが日産の車を購入するなら下取りしてもらえるディーラーは、日産プリンスや日産カーパレスなどの販売会社です。

下取りのよいところは、不要になった中古車の販売と、新たに欲しい車の購入が同時にできる点です。書類さえ揃えれば、ややこしい段取りはカーディーラーさんがいっぺんに対応してくれるの安心です。

基本的に中古車は買取の場合、あまりに年式の古いものや走行距離が数十万キロに達するものは要注意です。本当にわずかな金額にしかならないことが多いからです。

ところが下取りとなると、ある程度値段を付けてくれることが多いですね。特に春や秋の買い替えキャンペーンでは、最低の下取り価格を、全車種に補償するようなものまであるくらいです。

対して買取は買取専門業者さんに中古車を買取ってもらうことです。これは売るだけですから、現金を手に入れることができますね。一般的に下取り価格よりは買取の方が高くなる傾向があります。

もちろん査定の手数料もかかりません。場合によっては部品そのもに高値がつくこともあります。