車の買取といえば大手買取専門店や新車ディーラーの下取りをイメージする方も多いと思いますが、その他にも中古車販売店、輸出専門業者など色々な売却先があります。

それぞれの買取業者の種類と特徴についてご説明いたします。

買取専門店

買取った車を素早く転売して利益を上げるのが買取専門店の特徴です。

売却先は様々ですが、基本的に中古車販売店の仕入れの場である、業者オークションに出品します。オークションで落札された価格とユーザーから買取った価格の差が利益になります。

したがって、買取価格はこの業者オークションの落札データが基準となります。過去の相場情報を元に、今売ればいくら位で落札されるかを予測し、買取価格を決定します。

リアルタイムの相場情報が反映されるため、適性価格の買取が可能な反面、レトロカーなどの希少車、高級車、古い車など、落札情報が少なく買取価格の判断が難しい車の買取に消極的なケースもあります。

新車ディーラー

新車ディーラーにとっての買取とは、新車を販売するための下取りという位置づけであり、販売と下取りトータルでいくら利益が上がるかとい考え方です。

買取(下取り)価格は、ディーラー共通の下取り参考価格をもとに、販売する車種、商談状況により担当の営業の裁量で決定されることもあります。

したがって、車本来の買取価格がわかりにくいというデメリットがあります。ただし、場合によっては下取りがお得なケースもあるので、買取と下取り両方を比較するのがベストです。

中古車ディーラー

買取専門店と同様に業者オークションへの出品が多いものの、車種や年式、状態によっては、店頭で直接販売出来るという特徴があります。つまり、仕入れとしての買取が出来るのが強みです。

中古車販売店から見ると、ユーザーから直接買取することで、状態が良い車を業者オークションより安く仕入れることが出来ます。その分を買取価格に上乗せすることが出来るので、買取専門店よりも高く買取出来る場合があります。

また、中には特定の車種を得意とする販売店などもあり、売却検討の際は中古車販売店での査定も必ずしておいた方が良いでしょう。