中古車査定でサスペンションやホイール、オーディオ、タイヤなどが、純正品であるか社外品なのかは評価の分かれるところです。

基本的には最初にディーラーから買った時の純正品の方がプラス要素として評価されているのが現状ですね。

どうしても社外品パーツというのは、車両メーカーにマッチしたものではないので査定ではマイナス要素として対応されることがあります。

しかし、自分好みに社外パーツをカスタマイズして取り付けた場合でも、純正品をすぐに引き渡しできる状態で保管してあれば問題ないようです。その場合は、小さな付属の部品や取扱説明書もキチンと保管しておきましょう。

ちゃんと純正品に取り替えて、ノーマルの状態で再販売することができるのなら買取業者も安心できるので、必ずしもマイナスに働くわけではありません。

もちろん車検を受ける段階で“違法”とみなされるような改造は御法度であることは言うまでもありません。この場合は事前に純正品に付け替えておく必要があります。

社外パーツも、査定でマイナス要素になるものばかりではありません。とくにカーナビやカーオーディオなどのハイテク機器に関しては、非常に性能の高いものが多くなってきています。この場合は純正品でなくても、むしろ高評価になったりすることもあります。

社外パーツでトレンド性の高いものなどは、ディーラーに下取りに出すより中古車買取業者に買取ってもらう方が高値になることが多いようです。