車の売却で考慮しなくてはならない一番のポイントは、やはり“時期”になってきますね。中古車の販売価格というのは時期によって随分と変動するものなので、そこからの逆算を念頭にスケジュールを組んだ方がいいということです。

逆に、欲しい中古車が手の届く値段で売っている場合、その車に決定してから現在所有する車の売却を考え始めるのは非常にマズイ手です。これではじっくりと売り時などを考える余裕もなく、焦って買取業者さんの言い値で売ってしまうことになりかねません。

車を売ってしまうと決めたら、できる限り早い時期からじっくりと売り時を分析していけば、自分の納得いく買取価格になる時期を把握できる可能性はグンと上がります。

現実的には、中古車は買取業者の決算月前が最も狙い目の売り時となっています。買取業者側の都合ですが、この時期は安く“買いたたく”より、仕入れ数を増やしたいのがホンネのようですね。

世間的にもやはり、中古車は春先からの季節に中古車を購入される方が増える傾向にあります。転勤などの引越しで通勤や生活環境の変化に対応するため、自動車が必要になる人が増加するんですね。

ズバリ、2〜3月を狙ってみてください。売り時としてはかなり甘めの査定になることが多いようです。

さらに車種によっても季節ごとに需要は違ってきます。もしオープンカーをお持ちならば行楽のGW頃には人気が高まります。ですので、この時期から逆算して売り時を検討してみてはいかがでしょうか?